「三重の木」トップ > 「三重の木」認証材木の家のこと知ってますか? > 「三重の木」認証材ができるまで

「三重の木」認証材木の家のこと知ってますか?

木の家のこと知ってますか? 木の素材・その魅力 木造住宅の仕組み 「三重の木」認証材ができるまで

「三重の木」認証材ができるまで

「三重の木」認証材とは

「三重の木」認証制度で定められた品質・寸法・乾燥の規格基準に基づき、認証製材工場が加工した製材品を 「三重の木」認証材といい、下の表の製材品が対象です。

区分 材種
構造用製材 甲種 土台、大引、梁、桁、胴差、小屋梁、母屋、棟木、たいこ梁
乙種 通し柱、管柱、間柱
造作用製材 天井板、壁板
フローリング 単層フローリング
集成材 化粧ばり構造用集成柱、構造用集成材
合板 構造用合板

特徴

品質 日本農林規格と同等又はそれ以上の品質基準による製品を提供します。
寸法 日本農林規格と同等又はそれ以上の精度で加工されています。
乾燥 充分に乾燥させることで、収縮による狂い等が大幅に低減しています。

■日本農林規格(JAS)は農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(昭和25年5月11日法律第175号)に基づき農林水産大臣が制定しているものです。

「三重の木」認証材ができるまで

「三重の木」認証材は、一般的には次の過程で製品になります。

ページ上部へ 前のページへ