「三重の木」トップ > 認証材を使った家づくり > 自然素材でつくった板倉の家

「三重の木」を使った家づくり

私の家づくり「僕家日記」

住宅の特徴

ナテュラルカントリー、WB法、セルロースファイバー、吹き抜け、断熱ペアガラス
はじめまして、幸輝ハウス(エムシー建設)の社長(37歳、去年結婚しました)である、私の家づくり「僕家日記」どうぞご覧ください。

コンセプト
1.誰もが思う本音「なるべく安く建てたい!」予算は建物で1390万円(一般価格で)
2.やはり地元の木「三重の木」をふんだんに使った構造にしたい。
3.現代版土壁と言われている健康住宅「WB工法」にしたい。(http://www.wb-koho.com/)
4.建物はなるべくコンパクトで、平屋。無駄なスペースは極限に無くし、動線を短く!
5.奥さんの強い要望「ナチュラルカントリーな家」(造り付けキッチンや洗面、壁は外も内も塗り壁)
6.家のすぐ裏に線路があるので防音対策を万全に!
7.やっぱり普通に、地震に強く、夏涼しく、冬は暖かい家にしたい。
以上、7つのコンセプトをふまえて、計画、設計しました。
そして、設計が出来ました。木造平屋建て(一部ロフト)2LDKと書斎で面積87m2(ロフト含む)です。

さぁー!スタート。


No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20

No.21

No.22

No.23

No.24

No.25

No.26

No.27

No.28

No.29

No.30

No.31

No.32

No.33

No.34

No.35

No.36

No.37

No.38

No.39

No.40

No.41

No.42

No.43

No.44

No.45

No.46

No.47

No.48

No.49

No.50

No.51

No.52

No.53

No.54

No.55


工事着工期間/ 2008.5.15〜8.31 
建設場所/ 熊野市 
家族構成/ 夫婦 
ページ上部へ 前のページへ