「三重の木」トップ > 認証材を使った家づくり > 自然素材でつくった板倉の家

「三重の木」を使った家づくり

No.2

住宅の特徴

老後の人生を楽しく生きるための住宅

土台・柱を桧・梁及び野地板を杉。内装材を桧・杉の県内産材をふんだんに使用し、現代のデザイン、機能の良い所は積極的に取り入れ決して古びた感じをもたせない空間提供に全力を注いでおります。施主をウッドピアに案内し木材の良さを説明した。

大工やホームビルダー主導で天然木で造る家等いろいろアピールされていますが、新しい感覚のデザインに対応できてなく、木材の良さをアピールできず逆にやぼったい感じを施主にあたえてしまっている物件が多々ある。私達、設計事務所は、これらの点を若い人々にもアピールできるデザインの提供をすることが重要なポイントと考える。


No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

No.11

No.12

No.13

No.14

No.15

No.16

No.17

No.18

No.19

No.20


工事着工期間/ H21.1.15〜7.31 
建設場所/ 津市 
家族構成/ 1人 
ページ上部へ 前のページへ